ニュース

スポンサードリンク
<

大韓航空利用自粛

日本もついに対抗手段をとりました!

いい刺激になったと思います。

新潟と大韓航空との繋がりは深いので、ちょっと心配ですが。

A380就航の明るいニュースもあったのですが、無理矢理竹島上空を飛んでしまったら、こうなっても仕方ないですね。

よく考えて行動してほしいです。

「スペインの空」は大騒ぎですね

 スペインの航空管制官が「病気」を理由に大量欠勤。実質的なストライキを行い、緊急事態宣言が出るほど混乱しています。地元イベリア航空は欠航の嵐。

 いきなり管制官がいなくなったら、困りますね。飛んでいる飛行機がどこへどのように着陸したらよいのか、わからなくなるんだから。軍が管制を行っているようです。詳しくはわかりませんが、いろんな国がありますね。

 労働者の権利を尊重する西欧ならではのニュースですね。

 スペインはEUの中でも経済的にはお荷物的存在だから、こんなことが起きるのかも知れません。


東アジア情勢悪化の影響

 新潟は中国、韓国(北朝鮮)、ロシアとの関係が深いところです。

 先日最後のウラジオストク航空の定期便が休止となりました。新潟東港は中古車を売買するロシア人でいっぱいでした。でもロシアの中古車に関する規制強化のため、元気がなくなっているようです。

 中国東方航空が新潟-上海線を運行しています。現在新潟市西大畑にある中国総領事館が市内の旧万代小学校跡地に移転する予定でしたが、尖閣諸島事件による日中の関係悪化を受けて、その計画は凍結されました。

 新潟には大韓航空が仁川線を運行しています。そして朝鮮学校とマンギョンボン号。南北朝鮮とは古くから関係があります。

 この3カ国との関係が一気に悪化しています。このまま悪い関係が続けば日本への影響、新潟への影響は計りしれません。
 新潟でも、中国へ進出している企業があります。身内にも中国国内で働く人、中国へ出張に行く人がいます。

 観光にも影響は大きいと思われますが、経済活動への影響の方が心配です。旅行は他の国へ行けばいいかもしれませんが、世界の工場やロシアの天然資源の宝庫取り替えがききません。

 私としては板門店へ一度行ってみたかったですが、当分無理でしょう。将来朝鮮半島が平和になれば、板門店も観光地ではなくなるでしょうが、平和になるならそれもまたよいことだと思います。
スポンサードリンク


最大3%のサービス額率で旅行資金をサポート
ANA旅行積立プラン

三井住友VISA一体型ETCカード ショッピングもETCもこれ1枚でOK!
ネット割引最大7,000円 ロードサービス無料対応 チューリッヒの自動車保険
Copyright (C) 新潟の空から-飛行機・空港レポート. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。